血液をサラサラにする

血栓によって起こる脳梗塞

脳梗塞とは脳の血管がつまったり脳の血の巡りが低下し脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その結果一部の脳細胞が壊死してしまったものをいいます。 脳梗塞は脳血栓と脳塞栓の二つに分けられます。脳血栓とは脳の血管が動脈硬化などによって細くなり、血液が流れにくくなり血が溜まって血栓(血の塊)ができてしまう事をいいます。 脳塞栓とは脳の中で血栓ができてしまうのではなく、他の場所でできた血栓が血液の流れに沿って脳まで流れてきてしまった状態をいいます。 どの部位でも血管は末端に行くほど細くなっていきますから、いずれどこかで止まってしまいます。その場所が脳の血管だと脳梗塞というのです。 このように血栓のできる場所に違いはありますが、どちらにしても血栓が脳の血液の流れを防いでしまうのが脳梗塞なのです。 血栓を作らないことが脳梗塞予防になるのです。

血栓ができるのを予防する

血栓が脳梗塞の原因なことはわかりましたが、どうすれば血栓ができるのを予防できるのでしょうか。 血栓の原因は糖尿病などの「血液が変質して流れが悪くなる病気」が原因といわれています。血液がドロドロと粘性を持ち、血管を傷つけやすくなるので血栓が作られやすくなるのです。 生活習慣病の予防が血栓を予防することに通じます。簡単な生活習慣の改善でも予防することは可能です。 普段の食生活を見直し、食べ過ぎや偏食をしないように腹八分目でバランスの良い食生活を送る。塩分や糖分、脂肪分の取りすぎに注意する。 運動を積極的にすることで摂取した糖分や脂肪を燃焼する。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動が有効です。短時間でもいいので毎日取り入れるといいでしょう。 また「喫煙」「睡眠不足」「ストレス」などもドロドロ血液の原因になりますので、普段の生活を見直すだけでも脳梗塞の予防はできるのです。

Designed by CSS.Design Sample